スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←オープンスクールのご案内 →ミロス研究所  信じる仲間達へ捧げる言葉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

宇宙天気ニュース

宇宙天気ニュース

 ←オープンスクールのご案内 →ミロス研究所  信じる仲間達へ捧げる言葉
■聖書 Bible

reikomaria1.gif


t02200220_0450045010513783566.jpg
宇宙天気ニュース

http://swnews.jp/




http://swnews.jp/
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。







SDO衛星




のAIA193カメラによる太陽コロナの様子が確認出来ます。









太陽フレア





太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)とは太陽
の大気中に発生する、太陽系
で最大の爆発
現象である。多波長の電磁波
による増光によって定義される。





特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。





太陽の活動が活発なときに太陽黒点
の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域
と呼ぶ。太陽フレアの観測は、1859年にイギリスの天文学者
リチャード・キャリントン
によって初めて行われた。現在では他の様々な天体
でも観測されている。





フレアの大きさは通常数万km程度であり、威力は水素爆弾
10万~1億個と同等である。





100万度のコロナ
プラズマは数千万度にまで加熱され、多量の非熱的粒子
(10keV-1MeVの電子
や10MeV-1GeVの陽子
)が加速される。





同時に衝撃波
プラズマ
噴出が発生し、時おりそれらは地球
に接近して、突然の磁気嵐
を起こす[1]
[2]


フレアの規模はX線
の強度により分類される。X、M、C、B、Aの等級があり、Xが一番強い。





フレアの発生機構については、太陽活動領域中に蓄えられた磁気
エネルギーが、磁気再結合
によって熱エネルギー
運動エネルギー
に変換されるという説が有力である。





全てのフレアを説明するモデルとして、京都大学
教授柴田一成
の「統一フレアモデル」がある。





フレアが発生すると、多くのX線
ガンマ線
高エネルギー荷電粒子
が発生する。またフレアに伴い、太陽コロナ中の物質が惑星間空間に放出される(コロナル・マス・エジェクション(CME)
)ことが多い。




高エネルギー荷電粒子
地球
に到達すると、デリンジャー現象
磁気嵐
オーロラ
発生の要因となる。


2003年
は、大規模なフレアが頻発し、デリンジャー現象により、地球上の衛星
無線通信
に多くの悪影響を与えた。また地球磁気圏
外では、フレア時のX線
ガンマ線
による被曝により、人の致死量
を超えることもある。





フレアの活動は、太陽活動周期や黒点
の蝶形図(コロナ
の蝶形図)によって、関係付けを説明されることもしばしばある。





フレア時の高エネルギー荷電粒子
の地球への到達、あるいは、フレアの発生そのものを予報することは宇宙天気予報
と呼ばれ、太陽研究者にとって重要課題となっている。





---ウィキペディアより---









NASAホームページ


http://www.nasa.gov/








スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[オープンスクールのご案内]へ [ミロス研究所  信じる仲間達へ捧げる言葉]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。